ボールルームへようこそ 第3話「ワルツを踊れ」 中国の反応

「起舞华尔兹」

ボールルームへようこそ(舞動青春)はビリビリ動画などから配信されています。

 

三話はかなり良くなったね。ストーリーが早すぎるのが気になるな。次で兄弟が出てきそうだ。

 

くそっ俺にバレー部に入部させたと思ったらさらに次はダンスを学ばさせようとしているのか?

 

多々良よりも清春の方が好きだな。

 

うーん、三話のテンポがちょっとおかしい? BGMの問題かな。 あと多々良のダンスのときの反応がワンテンポ遅れているような感じ

 

いやあ、本当に面白いよ。雫と清春のところは何回も見てしまう。雫はなんでこんなに美しく、清春はこんなにかっこいいのか。

 

年をとるとどんどんスポーツアニメが好きになってくる。

 

三話の作画はかなり良かった。二話はちょっと不安だったけど。 この話だけを見るなら前の二話よりもずっといい。 ストーリーはちょっと駆け足かな。

 

ダンスが切れ切れになっていて、解説も多いのが気になるな。 まあ予算の問題だから理解はできるが。

 

多々良が髪型を変えると本当に勇利に似ているね。 ダンスシーンがあのスケートシーンくらいに連続してたらいいんだが。まあ作画が死ぬか。

 

ストーリーはかなり惹きつけられるな。主人公がちょっとチートだが、まあいける。コピー能力だけだとそのうち行き詰まりそうだ。

 

あの観察力はおばあちゃんへの相撲実況で鍛えられたってことなのかな。

 

漫画だとそこまでチートっぽくないが、アニメだとそう見えるね。

 

最後の清春の「返せ」はどういう意味を含んでいるんだろう……。服? 女? 振り付け?

 

NTRの臭いがする……。

 

→雫がヒロインだと思っているやつが多すぎる。

 

面白い、面白いんだけど、首の長さがやはり気になってしまう。

 

可哀想な兵藤、あんなに努力しているのに他人には疑われ、怪我で出場できず、多々良に振り付けをコピーされてしまった。

 

演出が良くないのかな。 ここは大事なシーンだからきっちりダンスシーンを仕上げてほしかったな。 これだと後半に期待が持てなくなってしまう。シャドウ練のあたりをカットしたのも厳しい。

 

うん、いいんじゃないか。ダンスシーンが少なかったがキャラクターの成長と勝ち負け、そしてNTRっぽさが出てきてる。

 

ストーリーの既視感が強すぎるかな。 アニメとしてはどれも水準以上だけどあまり存在感が無い。 安定感はあるが、無味感がある。

 

味は薄いが、捨てるには惜しい。

 

後半のダンスシーンに予算を集めていることを祈ろう。

 

 

ラテンがエロかった。

 

仙石のラテンが見てみたいね。鼻血がでそう。

 

清春のラテンのところの腰振りが最高にエロかった。

 

ラテンのときの清春の顔は、先週が無表情からのギャップで笑ってしまった。

 

ボールルームへようこそ(9) (月刊少年マガジンコミックス)

“ボールルームへようこそ 第3話「ワルツを踊れ」 中国の反応” への 3 件のフィードバック

  1. 顔芸がクドい、原作の魅力はそこじゃないんだけど顔芸を強調する作りがイヤ

コメントを残す