ボールルームへようこそ 第11話「評価」中国の反応

「评价」

ボールルームへようこそ(舞動青春)はビリビリ動画などから配信されています。

 

EDの後にサプライズだったな。

 

今回は泣いたよ。萌えた。そして最後にちーちゃんが!

 

漫画党だけど、後半はもっと面白いよ。

 

なんで家族に賞をとったことを言わないんだろうか。

 

兄が一位で妹が女王をとって、兄妹で勝ち組じゃないか。

 

初めて12話が「出会い」ってタイトルの作品を見た。

 

→半年アニメだから。

 

あれ、二期の予告だと思ったら2クールだったのか。嬉しいね。

 

多々良は努力したかも知れないが、他の人もそれ以上に努力をしてきたということだ。

 

天平杯の終わりはまあ妥当なところだったね。 うまくおとした感じだ。

 

正直、数年練習して、数ヶ月のやつに勝てないことのほうが残酷だ。

 

今回は7秒くらい動きがあったな。

 

あの動きがずっと続けばいいんだが、さすがにそれは無理というものだな。頑張って欲しい。

 

作画のレベル自体はそこまで低くないんだが、スポーツアニメということで厳しい目で見られているな。

 

すごいな。他人の嫁を守るために戦い、そして自分はまたひとりに戻る。

 

ずっと千夏は金髪だと思っていたけど、赤毛だったんだな。 道理で漫画ではよく暴れ馬って呼ばれていたわけだ。汗血馬だったんだな。

 

視聴感が一番良かった回だった。情報量も多いし、キャラの性格表現もはっきりしていた。 途中のBGMも萌えたし美しかった。あまり動きはしなかったけれど、うまく演出していたよ。

 

前半は萌えたし、後半は暖かかった。

 

今回はとても良かった。マイナースポーツアニメだと予算は少ないだろうけど、予算をここで使ったのは正しかったよ。 制作の企画能力は一流だ。

 

真子は最後兄のもとへともどったが、あの笑顔からは真子から多々良へのかなりの好感を感じたよ。

 

主人公がずっとスペアで終わるかと思っていたから、最後に安心した。

 

神作とまではいかないけど、並の作品ではない。

 

千夏の声を千夏がやるのか。面白い。

 

とてもいい回だった。

 

ボールルームへようこそ(9) (月刊少年マガジンコミックス)

“ボールルームへようこそ 第11話「評価」中国の反応” への 1 件のフィードバック

  1. >千夏の声を千夏がやるのか。面白い

    ちょっとタカビー&じつはチョロインならモリサマーにおまかせw

コメントを残す