ボールルームへようこそ 第16話「四本足」中国の反応

「四只脚」

ボールルームへようこそ(舞動青春)はビリビリ動画などから配信されています。

 

四本脚? 男女だと五本ではないのか。

 

表面上はちーちゃんが合っていないが、実際の問題は多々良にある。 多々良はフォローしたいだけでリードをしたいと思っていない。 ダンスのときに男側の考えが出ないから千夏もフォローできない。 千夏が泣いているのをみて心苦しいよ。いい女の子なのに。

 

→それは違うだろう。今回の頭で出てたように、多々良はすでにリードの能力がある。問題は千夏がフォローを把握しきれて無いことだ。 ずっとリードをしていたわけだしね。 同時に千夏も自分の成長速度が多々良に追いついていないと感じていて、彼女は自分に怒っているんだ。

 

→あそこは千夏が自分に苛ついているんだよ。 自分のせいで負けることを恐れている。

 

今の千夏は自尊心で過去の習慣を変えられず、多々良にすべてを任せられない感じなのか?

 

アニメは駆け足だから、細かいところを見逃してしまうよな。

 

原作の消化ペースが早すぎて心配になる。

 

面白い小ネタがカットされていて悲しい。 作画も大雑把になっている感じ。

 

今回は良かったんじゃないか。

 

原作党とアニメ党の戦いがまた始まる。

 

この試合は、ヒカルが佐為の力を狩りずに最初に塔矢アキラと戦ったときの話を思い出した。

 

赤﨑千夏にはびっくりしたよ。 正直中二病的な声しかだせないかとおもっていたのに、こんな演技もできるんだな。

 

雫との絡みは後に持っていくのかな。

 

雫は相変わらず美しい。

 

清春は無気力クールで賀寿は熱血単純、この二人は実に萌える。 この二人の日常だけで100万年は見られるよ。そして二人とも多々良をかわいがっている。 この作品の面白いところは敵が最後には萌えキャラになるところだな。

 

 

「ボールルームへようこそ 第16話「四本足」中国の反応」への1件のフィードバック

  1. あれ、17話以降の翻訳ないの?
    毎回楽しんで読んでたんだけど続きも訳して欲しいなー

コメントを残す